FC2ブログ
宿泊経営30秒ノウハウチャージ
ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/08/04(水)   CATEGORY: 販売促進
億万長者になった花屋の話
 僕は、僕がいなければ出会えなかったであろう両者をつなぐ 
  のが大好きです。

  商品はいいが販路が無いとか、販路はあるが売り物が無いと 
  か、そういうことを見つけ、アイディアを付加して行くのが 
  好きです。

  この気持ちを代弁してくれる逸話があるのでご紹介しましょう。


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第37号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※配信停止はこちらです。
http://1lejend.com/d.php?t=###tourokuid###&m=###mail###

ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将
さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。

集客のこと、営業のこと、館内演出のこと、温泉のこと、 後継者
のこと、社員教育のこと、パンフレットなどツールのこと、 メデ
ィア選定のこと、宿泊料金のこと、業界全般のこと等。

【目次】

1、<30秒記事> 億万長者になった花屋の話

2、<追記コメント>  スイッチボードビジネスモデル

3、【 編集後記 】人間が最初に聞く音は母親の心臓の鼓動


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 億万長者になった花屋の話
………………………………………………………………………………

すべては需要と供給です。
需給のバランスが儲かる儲からないを決めます。

僕が「平成の錬金術師」と呼んでいる販促業界の後輩がいます。

彼の考案したビジネスモデルは数多いのですが、今のところの代表
作と言えば「コラボクーポン」でしょう。

簡単に言うと、例えば、Aという飲食店が、自店のノベルティーと
して、競合しない他店のクーポン券を配るのです。

表面は自店の紹介ですが、裏面は3社のクーポン券になっています。

ただのチケットなのですが、Aという店は、クーポンチケットを印
刷するコスト「0円(ゼロ)」なのです。

ゼロ円で、お客様にとってお得なクーポンをノベルティーとして配
布できるのです。

つまり、コストを賄うのは、裏面の3社。

でも、3社にとっても、A店の配布能力が魅力です。
A店は、このチケットを必ず「手渡し」するという契約。

A店の来店集客力があれば、2万枚の配布に2ヶ月で済むとします。

3社で分けたスペースですから1社あたり単純案分で約7千枚の配
布が見込めるとして・・・・・、

・その内の1%が来店につながり、
・消費単価が1組あたり3,000円とすると、
・21万円の売上が見込めます。

仮に2%が来店すれば、売上も2倍。

その広告費は、この紙面では書けませんが、安いです。


………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> スイッチボードビジネスモデル
………………………………………………………………………………

 おなじみの方、ありがとうございます。
 はじめての方はじめまして(^^)!


前述のコラボクーポンとは少々異なりますが、需要と供給の間に立
って出来高で課金する事業を「スイッチボードビジネスモデル」と
言います。

スイッチボードとは「配電盤」のこと。

需給の間に立って課金する仕組みを持った事業を、スイッチボード
ビジネスと言います。

広告代理店も「代理業」ですから、メディアとクライアントの橋渡
しをしている意味ではスイッチボードビジネスモデルです。

旅行会社も、旅行者と宿泊施設の橋渡しをしている意味でスイッチ
ボードビジネスモデルです。

僕は、僕がいなければ出会えなかったであろう両者をつなぐのが大
好きです。

商品はいいが販路が無いとか、販路はあるが売り物が無いとか、
そういうことを見つけ、アイディアを付加して行くのが好きです。


この気持ちを代弁してくれる逸話があるのでご紹介しましょう。


10年近く前でしょうか。
何かで読んだとてもいい話なのです。

記憶を頼りに再現してみます。

 ※以下の物語は、数字的に合わない部分がありますが、
  この逸話の「 発想 」に学ぶことができます。


――――――――――――――――――――――――――――――

 若い花屋が思いついた。

 飲み屋街のクラブのママさんにこう持ちかけたのだ。

 「毎日無料でカウンターフラワーをお届けしますが、
  いかがですか?」

 はじめは訝っていたママ達も、花屋の戦略を聞いて納得。
 結果、短期間に1000軒の飲み屋さんと契約を結ぶ。

 100軒の契約実績を持って、今度はタクシー会社の社長に。

 「毎晩のように100軒の飲み屋さんから、
  酔客をご紹介いただけますよ」

 タクシー会社社長は大喜び。

 「その代わり、飲み屋さんに飾る花の代金をお願いします。」

 毎晩、確実にお客様を確保できるなら、花代は安い。
 タクシー会社との契約は成立した。

 もちろん、100軒の飲み屋さんには、

 「タクシーのご用命は、
  必ずこのタクシー会社にお願いします。」と言ってある。

 結果、100軒のクラブに花を収めることになった若者は、
 その後も、そのユニークな発想を駆使して成功者となった。

 タクシー会社のメリットは、
 日々100軒の依頼が舞い込む可能性があること。

 クラブのメリットは、
 美しい花が無料で届くこと。

 そして若者は、関わる人から感謝と報酬をもらう。

 結局、花代は誰が支払っていることになるか?
 そう、酔客。

 しかし彼らもまた、迅速なタクシーを手配してくれる
 ママに感謝しているはずだから、それは、

 みんなが幸せになるセットアップだった。

――――――――――――――――――――――――――――――

なかなかよくできた話です。

売り手より、買い手よし、世間よしの三方よしですよね。

こんな発想とアプローチは、登場人物を変えることで、いくらでも
やれるのではないでしょうか?

それにしても、世間が、どんなルールと仕組で動いているかに興味
は尽きません。

発想と行動力、そして、応援してくれる仲間と、
共に学び、実践して行きます。



――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記■ 人間が最初に聞く音は母親の心臓の鼓動
――――――――――――――――――――――――――――――

ドラムカフェ・インターナショナルは、チームビルディング、
企業活性化を行う世界トップクラスの企業のひとつです。

 全世界的に名だたる企業が採用
 ドラムカフェによる職場づくり・地域づくり

ここ3週間ほど、ドラムカフェがお気に入りです。

ドラムカフェとは?映像はこちらクリック
 http://www.drumcafe.jp/video.html

株式会社 乾杯・KANPAIでは、株式会社ドラムカフェジャパ
ンCEO星山真理子さんの全面的協力を得てご提供できます。

(日本法人は、ナント仙台にあり、僕のお膝元(笑)。
 日本では、昨年8月に設立したばかりです)
 
本社は1995年、南アフリカのヨハネスブルグで設立されました。
「この世界で最初に人間が最初に聞く音は母親の心臓の鼓動だ」

マンデラ元南ア大統領、クリントン前米大統領、 ブッシュ米大統
領、ブレア前英首相など世界のトップリーダーや、イギリス王室、
ハリウッド俳優、各国の企業のトップの前で演奏する企業です。

企業研修でも、サウスウエスト航空、スターバックス、シェル石油
など、全世界的に名だたる企業がこのドラムカフェを採用してます。

CEOの星山さんは若くて素敵な女性であり、僕に言っていただけ
れば、いつでもご紹介可能で~す。


さて、

おかげさまで事業がスタートして半年ちょい。

「書く」以外に、そろそろ「しゃべる」ことも視野に入れようと想
い、自分の講演テーマを準備してみました。

僕が話せてお役に立てるであろう内容は以下です。

いち企業様に対しても、協会など団体様に対しても、ご要望いただ
ければおじゃまします。・・・・・・あ、事情が無い限り有料です(^_^;)。

(宿泊施設様向けがメインですが、
 商売の根幹は一緒なので業種業界問いません。
 あと、こんな内容を話せないか?というオーダーもどうぞ!)

お問い合わせやお申し込みはメールまたはフォームにて。

 メール km@kanpai-kanpi.com
 フォーム https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=58790


【松尾公輝:講演メニュー】

――――――――――――――――――――――――――――――
(1)電話応対で1日1組の予約を増やす方法
――――――――――――――――――――――――――――――
 電話応対レベルアップによる収益直結作戦
 「予約にならない電話は、今、1日何本ですか?」
 1日1組の予約が増えると年間の売上増はいくらですか?
 それが2組ならどうですか?一緒に考えてみましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――
(2)今日からできる!売店の販促POPの書き方で売上アップ
――――――――――――――――――――――――――――――
「最新にして最強のPOPノウハウをスタッフに身につけて
 もらい、本日ただ今から、日銭を増やしてみませんか?」
 ★お客様との会話の質が上がり、会話の量も増えます。
 ★仕入の知識も増え業者さんと、さらに親しくなれます。
 ★店内に笑顔が増えます。

――――――――――――――――――――――――――――――
(3)これが決め手!【入門】販売コンセプトメイク道場
――――――――――――――――――――――――――――――
 販促に必要な情報は、次の、たったふたつの質問で足ります。
(1)何で当館(当ホテル)をお知りになりましたか?
(2)最終的に、宿泊予約をいただいた「決め手」は何ですか?
 講座では、そのやり方を詳しくお伝えします。
 ★クチコミは起こすものじゃなく、起きるもの。
 ★集客じゃなく、来客。集めるじゃなく、集まる。
 ★やり方よりも、あり方が大事。共感商売を。

――――――――――――――――――――――――――――――
(4)外国人接客がその日からうまくいく!らりるれ理論英会話術
――――――――――――――――――――――――――――――
 国も「外国人観光客受け入れ接遇マニュアル」を作成する等して、
 積極的に支援していますが、肝心の「英会話」はいかがですか?
 講義では、実際の発音を楽しくならいながら、その施設、その地
 域に必要な英会話の「台本」を作成する方法や、出来た台本を元
 に「伝わる 発音」で会話するやり方をお伝えします。
 ★アライアンスパートナー「株式会社 ライフブリッジ」
 http://www.lifebridge.jp/



  本メルマガの良かった点などの感想をいただけますと、
  とても励みになります。km@kanpai-kanpai.com

  このメルマガは、転送、パクリ(笑)、何でもOKです。

  ぜひ、読ませたいと想う、あなたの大切に人に教えて
  あげてくださいませ。(宿泊業界に限りません)

スポンサーサイト
DATE: 2010/05/03(月)   CATEGORY: 販売促進
予約を入れなかった199人
 ある人からのアドバイスで、
 ある時、ふと重要なことに気がついたのですよ。

 今日は「予約を入れなかった199人」という話です。

 それと、今回は、編集後記で書いた
 「1年以上車中で過ごした話(僕の実話です)」も、
 我ながらなかなかシュールでおススメしま~す(^^)。


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第35号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将
さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。

集客のこと、営業のこと、館内演出のこと、温泉のこと、 後継者
のこと、社員教育のこと、パンフレットなどツールのこと、 メデ
ィア選定のこと、宿泊料金のこと、業界全般のこと等。
30秒でチャージできるメイン記事が目玉です。

【目次】

1、<30秒記事> 来訪者100人中、何人が購入まで至るか?

2、<追記コメント> 予約を入れなかった199人

3、【 編集後記 】1年以上車中で過ごした話(僕の実話です)


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 来訪者100人中、何人が購入まで至るか?
………………………………………………………………………………

インターネットの世界では、

 「アクセス数」×「成約率」×「人数」×「単価」

というのが売上創造の黄金律です。

(お店でもそうですね。来店者×購入率×単価です)

多くのケースで、僕が重要視しているのは「成約率」であり、サイ
トへの来訪者100人あたり何人が購入まで至るかを、いつも考え
ているのです。

なかなか成果がでないときもありますが「根気に勝る才能なし」と
想い定め、いつも努力しています。

さて、

成約率を上げるための、

・テーマづくり
・デザインワーク
・キャッチコピー
・ページ導線設計
・企画商品造成 云々。。。。

僕の目安目標は100人中1人の購入ですから、成約率は1%です。
(これは旅館の場合。ビジネスホテル系はもっと高いです)

でも、ある人からのアドバイスで、ある時、ふと重要なことに気が
ついたのですよ。

これは、気がついたというより、分かっていたし、実践もしてきた
んだけど、不思議にも、そこまで深く重要視してこなかった点でし
た。


………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> 予約を入れなかった199人
………………………………………………………………………………

自社サイトに照らしてお読みいただければ幸いです。

以下は、多くの施設様でも、すでに、実践していると想いますが、
明確に深く、そして分かりやすく考えてきたでしょうか?


例えば、成約率0.5%とすると、200人が来て1人が買うこと
になります。

今まではアクセスアップと共に、成約率に注目して、この0.5%
を上げることを考えて来たわけです。

でもよく考えてみると(当たり前のことですが)、

 「 サイトに来たのに予約を入れなかった199人 」

にも、着目すべきなんですよね。

そのとき予約を入れなかった199人に対して、せめてお名前と
メールアドレスを残してもらう仕組みを取り入れたいもの。

そうして継続的にアプローチできるようにしておくのです。

いやいや、こんなのはネットマーケティングの常識だし、僕自身
重々理解していたことなのですが、

 「旅館業界では馴染まない」と、
 勝手に思い込んでいたのですね。

最近、弊社のお客様以外の事例にも触れる機会があり、また、こ
の発想と仕組みをやってみようという弊社のお客様が現れたこと
もあって、スタートしているのですが・・・。

実は、適切なオファーがあって、それに反応して、個人情報を打ち
込んでくださる人は、本当に高い確率で来館すると確信が強くなっ
てきました。

なぜなら、名前とアドレスを残すのだって、通常ならかなりの抵抗
があるのに、今回仕込んでいるシステムでは、住所も電話番号も書
くほか、旅行を計画している時期や、知りたい観光情報まで入力し
てくださるようになっているのです。

書く情報が多いほど、ホット(熱い)なお客様です。

ここに「資料送付」し、適切なフォローをしていけばグッドです。
リピートや紹介にもつながるような仕組みにしてゆきます。

 で、そのリストの中から、
 1人でも予約につながれば、
 0.5%だった成約率は、

結果、1%になってしまうのですよ。

その日、予約を入れなかった199人が、198人になるのですか
ら、その日に遡っての成約率は1%になるというわけです。

別の見方をしますと、

導入当初の組み立てにより、週に3人の資料請求があって、
年間150人に郵送したとして、その内の5%、8組がご来館いた
だけ、予約単価が4万円だとすると売上で32万円。

年間150人へのDMコストが、封筒、資料、コピー、切手代合わ
せて200円とすると3万円。投資コストは9%です。

仮にこの方程式が、あてはまるとしたら、あとは精度の問題。

リスト(名簿)、オファー(提案)、クリエイティブ(デザインや
コピーワーク)を工夫することによって、5%のご来館率を上げる
ことが可能です。

同時にアクセスアップも図れば、分母そのものも増やすことができ
るでしょう。上記試算の10倍程度は射程距離内です。

「この手法は、旅館業界では馴染まない」という心の壁を取り払う
ことによって、また新しい扉が開けそうです。

マーケッターとして、プロデューサーとして、さらに自由な発想で
ステージアップしてゆかねばと思いました。


誰が言ったか、

「プロフェッショナルとは、永遠に成長し続けるアマチュア」

まったくです。謝々。


――――――――――――――――――――――――――――――

■編集後記■

よく「時間」について考えます。

睡眠時間8時間の人と6時間の人では、どれだけの差があるのでし
ょうか?そんなことを考えたりするのです。

実は1日2時間の違いとは、こんなにあります(~_~;)。

・1ヶ月で60時間。
・1年で730時間。
・日数に換算すると・・・1ヶ月で2.5日
・1年で30日以上。

たった1年で1ヶ月分の時間の差になります。

これ、すごくないですか?

2時間多く起きている人は、
1年でひと月以上多く○○○が出来るのです。

(○○○のところには、
 自分の好きなことを入れて読んでください(*^_^*))

10年立つと、12ヶ月=まるまる1年ですからね。

でかいです。

なぜ、そんなことを想ったかと言いますと、前の前の会社で、
実は、僕が車に乗っている時間を、計算したことがあります。

休日も含めて平均して「1日2.4時間」だったんですよね。
要するに1日の10%です。

10年間なら、

「1年間は車中にいたんだ!!!」って話になります。

車中では、唄を歌うか、音楽を聴くか、尊敬する人の講演テープな
んかを聞いて過ごしているのですが、1年と言えば、結構長いです。

「明けましておめでとうございます」

から、

「今年もお世話になりました」

までですよ。

う~ん。


ということで、そんな発想から、
自分に時間をプレゼントしてはどうかと想います。

1日のうち30分を、「3年後の自分に対するプレゼント」として
意識して活用してみてはいかがでしょうか?

1日30分でも、1ヶ月15時間。
15時間あれば、何かを創造できますよね?

本も結構読めるし、習い事でも、趣味でもいいですね。

あと、時間が必要なときは、「時間をお金で買う」という発想も必
要です。

つまり、自分でやったら、10時間かかる仕事があったとして、そ
れをお金を払って「そのことが得意な人」に任せるのです。

そして確保した10時間を、「自分が得意なこと」に使うのです。

ちょっと賛否両論あるかも知れませんが、難関資格を取得する時間
があったら、その資格を持っている人を味方にして、お互いが「得
意な分野で協力し合う関係」を目指した方が、時間の使い方として
いいと思うのです。

もちろん、こちらが提供できる「自分の得意分野」が必要です。


それにしても「少年老い易く、学成り難し」ですよねぇ。



  本メルマガの良かった点などの感想をいただけますと、
  とても励みになります。km@kanpai-kanpai.com

  このメルマガは、転送、パクリ(笑)、何でもOKです。

  ぜひ、読ませたいと想う、あなたの大切に人に教えて
  あげてくださいませ。


――――――――――――――――――――――――――――――

 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com

   毎月10,500円で飲みに行きますか?
   それとも、会社を発展させますか?

 ★毎月5日前後にCDが郵送で届きます。
 ★毎週、年齢・性別・経験・住まい・専門分野の
  違う執筆者5名によるメルマガが届きます。
 ★そして、日々のお困りごとなどのメール相談ができます。

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

 「やり方より、あり方で、競走の無い世界へ」
 http://www.kanpai-kanpai.com

――――――――――――――――――――――――――――――

※旅館ホテル販促鍛錬塾の塾生の皆様は、成功事例や実践報告など、
さらに突っ込んだ内容のメルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチ
ャージDX」が購読できます。

「心あたたかきは、万能なり」
 そんな方のお手伝いがしたいです。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長 販促鍛錬塾塾長 松尾公輝
【仙台駅前事務所】
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15
TEL 022-343-5011 FAX 022-395-5421
モバイル 090-9535-9907
E-mail:km@kanpai-kanpai.com
http://www.kanpai-kanpai.com
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■「旅館ホテル販促鍛錬塾」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html

■月々の1万円の価値を最大化するため
「まずは泊まらせていただいて、
 じっくり話しをしましょうパック」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04

■個別訪問アドバイス業務
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html

■確実な販促パッケージ
http://www.kanpai-kanpai.com/service03.html
DATE: 2010/03/07(日)   CATEGORY: 販売促進
選ばれるホームページになるためのチェックポイント
多くの宿泊施設様がホームページを持つようになり、ホームページ
の制作レベル、構築ノウハウも向上してきました。

インバウンドはともかく、国内縮小市場に対して、投入されるサイ
ト数は・・・・今日も増え続けていますよねぇ(^_^;)。

今日は「やり方」を通して「あり方」を考えます。


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第31号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将
さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。

集客のこと、営業のこと、館内演出のこと、温泉のこと、 後継者
のこと、社員教育のこと、パンフレットなどツールのこと、 メデ
ィア選定のこと、宿泊料金のこと、業界全般のこと等。
30秒でチャージできるメイン記事が目玉です。

【目次】

1、<30秒記事> 
選ばれるホームページになるためのチェックポイント

2、<追記コメント> 
   宿泊施設のホームページに必要なコンテンツの再精査

3、【 編集後記 】極秘デート収録(*^^)v!


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 
選ばれるホームページになるためのチェックポイント
………………………………………………………………………………

先に結論を記します。

「語りかける視点」で構築するのが成約率アップに繋がる基本。

さて、

宿泊施設様のWEB環境、販促における市場状況は、ここ数年で様
変わりし続けています。

旅行とは、すべての人が購買対象となる商品ですが、需要と供給の
バランスが再構成されているということです。

多くの宿泊施設様がホームページを持つようになり、ホームページ
の制作レベル、構築ノウハウも向上してきました。

インバウンドはともかく、国内縮小市場に対して、投入されるサイ
ト数は・・・・今日も増え続けていますよねぇ(^_^;)。

多くの宿泊施設のホームページに埋没せず、お客様の目に留まり、
予約をしていただくには、どのようなことを網羅しておく必要があ
るのでしょうか?

(1)親しみやすさがあるかどうか?
(2)信頼・安心感があるかどうか?
(3)旅行の計画段階からイメージできるか?
(4)かの星野リゾートさんのサイト改修ノウハウをチェック!
(5)必要に応じて、団体予約フォームを!
(6)宿泊施設のホームページに必要なコンテンツとは?

今日は、「やり方より、あり方」を提唱する僕にしては、ノウハウ
っぽい内容ですね(^^)。って、いやいや、これは「両輪」ですから。

「やり方」を通して「あり方」を考えます。


………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> 
   宿泊施設のホームページに必要なコンテンツの詳細
………………………………………………………………………………

【選ばれるホームページになるためのチェックポイント】

(1)親しみやすさがあるかどうか?

 主人や女将、あるいはスタッフの顔写真が掲載されていると安心
 感が演出できます。イラストや本文の台詞回しでも表現できます。

 さらにブログや掲示板等のコミュニケーションツールがあるとよ
 り伝わりますよね。

 特にブログについては、近年、益々重要性が増してきています。

 ポイントは沢山あるのですが、簡単なものとして、カテゴリーの
 使い方があります。本サイトとの連動を密にし、相乗効果を発揮
 できますが、詳細はまたの機会に。

(2)信頼・安心感があるかどうか?

 一番は「お客様の声」の掲載ですよね。
 
 アナログで掲載するか、システムで自動化するかは別にして、
 すでに利用した体験者の声こそ、雄弁です。

 さらに「当館が、お客様から選ばれる理由」ページなども有効。

 もはや、流行という感もありますが、宿の「想い」や「コンセプ
 ト」を分かり安く表現し、予約者の「共感」を得ることは重要。

 でも「○○旅館、七つの秘密」なんかは、もう、古い手法かなと。

 勿論、古くても効果はありますが、アイディアパーソンの松尾と
 しては別の切り口を使っています。

 鍛錬塾事業スタート半年。すでに5つのサイトを構築し、それぞ
 れが違う切り口での表現をしています。
 (あ、でも僕はホームページ制作がメインではありません(^_^;)
  販促全体のプランニングとディレクションがメインです)

(3)旅行の計画段階からイメージできるか?

 周辺観光施設と連動した「旅」のコーディネートの視点があると
 旅行者にイメージさせやすくなります。

 過ごし方を紹介したコンテンツや観光モデルコースを紹介した 
 ページなどを用意することで宿泊するイメージが広がります。

 参考サイト:水上館様 水上温泉の過ごし方ページ
 http://www.minakamikan.com/stay/index.html

 夫婦で過ごす、女性グループで過ごす、家族で過ごす、カップル
 で過ごす、団体で過ごすとターゲット毎に過ごし方が掲載されて
 います。

 (ここは船○総研さんがご指導されているようです。
  流石に、素晴らしいホームページだと想います。)

(4)かの星野リゾートさんのサイト改修ノウハウをチェック!

 有効な経営資源があるものの経営難に苦しんでいる旅館に新しい
 風を吹き込み再生している、かの星野リゾートさんのホームペー
 ジ改修ポイントは以下の三つです。

 ■トップページの改善については、旅行者の関心が高い「食事」
 「客室」「温泉」を目立つ位置に置くと良い。
 
 ■ナビゲーションの改善ポイントを挙げるなら、すべてのページ
  に、宿泊予約へのリンクを上部、下部、右サイドの3箇所に表
  示すると良い。

 ■泊まりたくなる演出として、ユーザーの目線で写真を選択。お
  いしそうな料理や清潔感あふれる広々とした風呂の写真を掲載
  すると良い。

 なるほどですね。
 王道こそ近道です。

(5)必要に応じて、団体予約フォームを!

 ホームページは、団体旅行の下調べをしている幹事様も閲覧され
 ています。当然ですが。

 その割には、団体向けページをお持ちのところは少ないですね。
 その幹事様へ向けて気軽にお問合せいただけるようにお問合せフ
 ォームを用意しておくと有効です。

 予め入力項目が設定されているのでお問合せの敷居を下げる事に
 もなります。

 例:ホテルニュー水戸屋様 団体宴会お問合せフォーム
 http://www.mitoya-group.co.jp/group/index2.php

 水戸屋様の場合お問合せフォームから始まっていますが、
 団体や宴会の紹介ページを作成しそこからお問合せフォームへリ
 ンクさせる方法もあります。

(ここの予約システム提供会社は、コンサルレベルは比較的高い!
 僕も水戸屋様とは、ちょっとだけご縁があり、このサイトの
 アクセス数なども存じ上げていますが数値はトップレベルです)

 無論ですが、水戸屋様が素晴らしい旅館だからこその話です。

(6)宿泊施設のホームページに必要なコンテンツの再精査

 我が旅館ホテルの規模や特徴、売りや評判などを総合的に判断し、
 ホームページの内容を再度精査していただきたいと想います。

 本メルマガでは【トップページ】についてのみ記します。

・ヘッダー

 タイトルとロゴで、何のサイトかが分かるように。
 デザイン的にも、SEO的にも、軸がぶれないようにしたいです。

 あと、意外にも「電話番号(24時間、365日)」が目立たな
 い施設様も散見されます。

 サイト閲覧時の「目線」はZ字型、F字型に動きますので、ヘッ
 ダー右上に大きく入れてください。

・ナビゲーション

 ページ移動をスムースにするボタンレイアウトです。
 基本的には全ページ共通のスタイルにて表示したいですよね。
 また、一目で「クリックできる」と認識できるデザインを。

・予約ボタン

 プラン一覧や予約カレンダー、旅行形態別カテゴリーページへ誘
 導するためのボタンです。予約導線ですので、なるべく目立つ 
 「色とデザインと場所」が望ましい。

 ページ最上部、ナビボタン、日付検索ボックス、ターゲットペー
 ジ毎のバナータイプ、フッダー近くなど、閲覧の先回りを設計し
 ましょう。

・フラッシュ

 フラッシュムービーは効果的なツールです。
 但し、サイト閲覧開始3秒以内のインパクトを心がけていただき
 たいです。3秒以内で、「こだわりや特徴」が垣間見れる画像と
 キャッチコピーを躍らせましょう。


以上、ざっとポイントのみですが、他にも

【お部屋ページ】
【お風呂ページ】
【料理ページ】
【館内紹介ページ】
【観光案内ページ】
【アクセスページ】
【お問合せページ】

などがあり、それぞれについて
「必須情報の確認」と「効果的表現の工夫」をしたいです。

なぜなら、それが「心配り」だからですよね?
宿泊施設様は、おもてなしを買っていただく事業でもあります。

「必須情報とは?効果的表現とは?」については、あまりに長くな
りますので割愛しますが、ある方が、宿のホームページを称して、
ユニークで本質的な表現をしていました。

「ホームページとは、ネット女将である」

素晴らしい!

対面じゃなくとも、気配りと心配りが嬉しく感じるホームページな
ら、まるで直接女将さんから説明を受けているような印象を与える
ことができるかもしれません。

「語りかける視点」で構築するのが成約率アップに繋がる基本です。

そしてちなみに「語りかける」には、ライティング(書く)の勉強
と実践も必要になってきますね。

なかなか大変なことですが、

 ホームページを考えるイコール、
 =自社の商品やサービスを棚卸しすること。

制作会社任せにせず、一緒にがんばりましょう(^^)!


さて、ネット販売には、
サイト自体の作りこみ、表現による「成約率アップ」と同時に、

・・・「 アクセスアップ 」という課題があります。

・SEO(検索エンジン対策)
・SEM(検索エンジンマーケティング)
・ブログ(集客エンジンとしてのブログ活用)

等々があり、それぞれ連動しながら、且つ、詳細でテクニカルな作
業が必要となります。

オーバーチュアなどのPPC(ペイパークリック広告)の攻略ひと
つ取っても、様々なやり方と工夫があります。

このことについては、鍛錬塾としての実例も出てきましたので、
近々、また書きたいと想います。


いずれにしても、アクセスアップも、成約率アップも、単価アップ
も、それが目的ではありません。

目的と意図は「お客様に楽しんでいただくこと」です。

結果としてアクセスが上がり、成約率が上がり、単価も上がります。


――――――――――――――――――――――――――――――

■編集後記■

来月(3月)の鍛錬塾特典インタビューCDですが・・・・、

今回はナント!僕です(^^)。

インタビュアーはデートFMのアナウンサー。
名護ひと美ちゃんにお願いしました。
オルト&ケーさんのゴージャスな個室で、極秘デート収録(*^^)v!

題して、
『販売促進を変えるプラットホーム思考』

事業スタートから半年、様々な気づきと閃き、
検証と実践を経て、今、松尾公輝がお伝えしたいこと。

●最近注目の販売促進とは?意外にも。。。
●株式会社 乾杯・KANPAI創業の原点。
●鍛錬塾アドバイスの特徴は?「真の話題づくり」とは?
●「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」を改めて語る。
●支援先様の販売促進のテーマは、どのようにして得るのか?
●松尾独自のプラットフォーム思考とは?

鍛錬塾生の皆様は、楽しみにしていただけると、嬉しいです。


  本メルマガの良かった点などの感想をいただけますと、
  とても励みになります。km@kanpai-kanpai.com


ところで、鍛錬塾は1ヶ月無料ですから、
仮入塾してCDをゲットするのも手ですよ(^_^;)。


 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com


この無料メルマガを読んで、「ええ話しやな~」と思ったら、
宿泊業界に限らず、転送、コピー、パクリOKですからね(笑)。

――――――――――――――――――――――――――――――

 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com

   毎月10,500円で飲みに行きますか?
   それとも、会社を発展させますか?

 ★毎月5日前後にCDが郵送で届きます。
 ★毎週、年齢・性別・経験・住まい・専門分野の
  違う執筆者5名によるメルマガが届きます。
 ★そして、日々のお困りごとなどのメール相談ができます。

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

 「やり方より、あり方で、競走の無い世界へ」
 http://www.kanpai-kanpai.com

――――――――――――――――――――――――――――――

※旅館ホテル販促鍛錬塾の塾生の皆様は、成功事例や実践報告など、
さらに突っ込んだ内容のメルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチ
ャージDX」が購読できます。

「心あたたかきは、万能なり」
 そんな方のお手伝いがしたいです。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長 販促鍛錬塾塾長 松尾公輝
【仙台駅前事務所】
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15
TEL 022-343-5011 FAX 022-395-5421
モバイル 090-9535-9907
E-mail:km@kanpai-kanpai.com
http://www.kanpai-kanpai.com
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■「旅館ホテル販促鍛錬塾」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html

■月々の1万円の価値を最大化するため
「まずは泊まらせていただいて、
 じっくり話しをしましょうパック」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04

■個別訪問アドバイス業務
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html

■確実な販促パッケージ
http://www.kanpai-kanpai.com/service03.html


【松尾】↑この「販促パッケージ」我ながら凄いと想います。

DATE: 2010/02/19(金)   CATEGORY: 販売促進
売店だけで4億円も売り上げる。
本文より

「この曲で落とせなかったら、その女性は諦めなさい」

すげ~ッ!

しかも、店員さんオリジナルですよ。コンサル要らずです。
社風というものは、構築できると最強ですね。

だから○○○は、たくさんの人を幸せにするラブレターなのです。


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第30号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

1、<30秒記事> 売店だけで4億円も売り上げる。

2、<追記コメント> 
    「この曲で落とせなかったら、その女性は諦めなさい」

3、【 編集後記 】社名のせいにしています(^_^;)


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 売店だけで4億円も売り上げる。
………………………………………………………………………………

かなり前ですが、十数年前、とある旅館さんに訪問して話を聞き、
ビックリしたことがあります。

それは、その宿は、売店だけで4億円も売り上げていたから。。。
堂々たる小売店ですよね。

そしてそのとき、宿の売上の10%程度が売店の売上なのだという
ことも知りました。

その宿は40億円の年商ですので4億円だったのです。

で、いろいろ調べてみると売店の売上は施設全体の売上規模に関わ
らず10%が目安だということも分かりました。

売上10億円なら1億円、1億円なら1千万円です。

売店商品の粗利益は30%以上ありますし、それが「日銭」として
入るのですから、素晴らしい!

ただ、それにしては、

●お客様が買いたいときに売店スタッフがいない。
●店内の陳列も仕入れ業者さん任せ。
●オススメも売れ筋も分からない。
●EV内や客室でのインフォメーションも弱い。

と想います。(近年は頑張っている施設様もございますが)

もっともっと売上が創造できそうですよね!

そこでご提案。

お金をかけずに売店の売上を上げる方法があるのですが、知りたい
ですか(^_^;)?

………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> 
   「この曲で落とせなかったら、その女性は諦めなさい」
………………………………………………………………………………

・・・ということで、今週も異業種に学びましょう(*^^)v

実は、驚異的売上を誇る店舗を6つ経営する「パン屋」さんから相
談を受けました。
(僕は旅館様、ホテル様専門ですが、色々とご縁があるようです)

それは店内POPによる活性化のご相談でした。


松尾: なぜ、POPを「手書き」にしたいと思ったのですか?

Mr: 多店舗展開において、POPやプライスカードが「画一 
    化」するのはマズイと思ったんだよ。

松尾: それは何故ですか?

Mr: うちのお店はすべてが本店と考えており、その地域の皆様、
    お顔の見える「アナタ」に、美味しいパンを通じて
    「笑顔」をお届けしたいと考えているんだ。

    だから、それぞれのお店のスタッフが、お客様ひとりひと
    りのお顔を想像しながら書くPOPこそが、大切だと考え
    たんだよ。

松尾: なるほど~。それにしても、デジタルからアナログへの移
    行は、現場としては抵抗があるのではないですか?
    だって、全て手書きなんて面倒くさいもん!

Mr: うちのスタッフなら、やってくれると信じているし、デジ
    タル全盛時代だからこそ、手間暇をかけた本物の仕事をし
    て欲しいと願っているよ。

松尾: ・・・・・Mrの想いは分かりました(*^^)v。

    実は、僕の住んでいるマーケティングの世界では、
    POPこそ古くて新しいテーマなのです!!!

さて、

僕のビジネスパートナーで、この春、POPコンサルとして独立す
る島村信二さんという方がいます。

この方は、セブ○イレ○ンさんのスーパーバイザーだったのですが、
得意技がPOPで、POPひとつで、その商品の記録的売上を次々
に実現してきたのです。

そして、鍛錬塾メルマガ執筆者の1人、中山マコト先生の教えを受
けた方でもあります。

彼、曰く、メーカーから支給されたPOPや、何も考えなず、ただ
書いたPOPは、

「見てくれない。信じてくれない。行動しない(買わない)」

だそうです。確かにね~(^_^;)。

僕も、彼らの影響もあり、最近、宿泊施設様の売店POPと売り場
編集も業務として実施していますが、宿の売店は「可能性のある空
間」ですよね。

中山マコト先生曰く、

 P(パッと見て)
  足を止めていただく。
  売り込み臭ゼロ。ちょっとした違和感。

 O(オッと思わせ)
  売り手が言いたいことより、相手が知りたいこと。
  買った人がどうなるか、お客様のメリットを描く。

 P(ピンときて買う!)
  たった一人に向かって話しかけること。
  究極は「ラブレター」

これを留意してコツを掴んだPOPをつけるだけで、

「じっくり見てくれる。信頼してくれる。思わず買っちゃう」

ようになります。

そのテクニックとは、

(以下、松尾流にちょっとアレンジしてます)

(1)物語で落とす!
(2)数字で落とす!
(3)生声で落とす!
(4)擬人化で落とす!
(5)目的で落とす!
(6)お笑いで落とす!
(7)泣き落とす!
(8)衝撃で落とす!


例えば箱菓子など、

「これひとつで15人に配れます」とか、
「今日から2日以内に会う人に配るのならコレ!」とか、
「女性の方にはお売りできません。美味しすぎて太るってクレーム
 が来るので・・・」とか書くだけで、売上につながります。
(もちろん書体、大きさ、形も総合的に考慮が必要ですが)

本メルマガでは詳しく触れませんが、これほどテクニカルで分かり
やすい販促も無いな~と想っています。

ちなみに、僕の好きな本屋さん「ビレッジバンガード」さんのPO
Pも有名ですが、今でも忘れられないのは、音楽CDの棚に、

「この曲で落とせなかったら、その女性は諦めなさい」

すげ~ッ!

しかも、店員さんオリジナルですよ。コンサル要らずです。
社風というものは、構築できると最強ですね。

さて話を戻すと、そのパン屋さんには、以下のことを伝え、結果、
各店舗スタッフにPOPについての3日間のレクチャーとワークシ
ョップにて、実際にPOPを作る時間をいただくことになりました。

お伝えしたのは、

POPを書くと・・・

 ★お客様との会話のきっかけになり、距離が縮まります。
 ★お客様との会話の質が上がり、会話の量も増えます。
 ★製造と販売のコミュニケーションが良くなります。
 ★仕入の知識も増え業者さんと、さらに親しくなれます。
 ★商品知識がつき、ますます商品に愛着が湧きます。
 ★店内に笑顔が増えます。

・・・ということ。

つまり、いいこと尽くめです(笑)。

そして重要なことは、

POPは、売上アップの秘策ではなく、お客様が、もっと楽しく、
笑顔で買い物できるようになるためのものであるということ。

  「売上アップは結果でしかない」ということです。

人の役に立ったり、人から感謝されたりすることを「 幸せ 」と
呼ぶならば、POPを書いた人も、幸せな気持ち、温かい気持ちに
なれると想います。

だからPOPは、たくさんの人を幸せにするラブレターなのです。


――――――――――――――――――――――――――――――

■編集後記■

先週は東京2連泊でした。

友人のTBC東北放送アナウンサーであり、昨年11月の鍛錬塾C
Dにもご登場いただきました三橋泰介さんの「出版記念パーテ
ィー」に参加したり、

中山先生と飲んだくれたり、某IT企業の社長様と面談したり、志
をひとつにする若きマーケターとお食事したり、

カワイイ後輩や、元月刊ホテル旅館編集長であり、鍛錬塾メルマガ
執筆者のひとりである松坂先生と飲んだりしておりました。

何か、いつも飲んでいるイメージがありますが、
これは社名のせいにしております。

株式会社 乾杯・KANPAIの松尾でした~っ。


  本メルマガの良かった点などの感想をいただけますと、
  とても励みになります。km@kanpai-kanpai.com


この無料メルマガを読んで、「ええ話しやな~」と思ったら、
宿泊業界に限らず、転送、コピー、パクリOKですからね(笑)。

――――――――――――――――――――――――――――――

 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com

   毎月10,500円で飲みに行きますか?
   それとも、会社を発展させますか?

 ★毎月5日前後にCDが郵送で届きます。
 ★毎週、年齢・性別・経験・住まい・専門分野の
  違う執筆者5名によるメルマガが届きます。
 ★そして、日々のお困りごとなどのメール相談ができます。

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

 「やり方より、あり方で、競走の無い世界へ」
 http://www.kanpai-kanpai.com

――――――――――――――――――――――――――――――

※旅館ホテル販促鍛錬塾の塾生の皆様は、成功事例や実践報告など、
さらに突っ込んだ内容のメルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチ
ャージDX」が購読できます。

「心あたたかきは、万能なり」
 そんな方のお手伝いがしたいです。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長 販促鍛錬塾塾長 松尾公輝
【仙台駅前事務所】
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15
TEL 022-343-5011 FAX 022-395-5421
モバイル 090-9535-9907
E-mail:km@kanpai-kanpai.com
http://www.kanpai-kanpai.com
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■「旅館ホテル販促鍛錬塾」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html

■月々の1万円の価値を最大化するため
「まずは泊まらせていただいて、
 じっくり話しをしましょうパック」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04

■個別訪問アドバイス業務
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html

■確実な販促パッケージ
http://www.kanpai-kanpai.com/service03.html


【松尾】↑この「販促パッケージ」我ながら凄いと想います。


DATE: 2010/02/19(金)   CATEGORY: 販売促進
宿泊施設は、最強のステージ?
 集客とは、お客様を集めることではなく、
 お客様が、自然に集まる環境を創ること。

 「集めるじゃなく、集まる」

 どんなオーナーでも、自分の施設内で、スタッフやお客様の
 「笑顔や笑い声が溢れる」ことを夢見ていますよね!


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第30号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

1、<30秒記事> 宿泊施設は、最強のステージ?

2、<追記コメント> 何でもできるシリーズ

3、【 編集後記 】お客様が集まる環境づくり


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 宿泊施設は、最強のステージ?
………………………………………………………………………………

ホテル旅館は「環境、施設、料理、サービス、衣・食・住」。
小売からエンターティメントまでを実現できる最強のステージです。

規模の大小を問わず「集客視点」でも、どんな業種にも負けません。
ただ、気をつけたいのは、次の真実。

 集客とは、お客様を集めることではなく、
 お客様が、自然に集まる環境を創ること。

 「集めるじゃなく、集まる」

日々気をつけないと忘れがちになる真理です。
お客様が集まる環境とは、「歓迎されるコンセプト」のこと。

商品であり、
内容であり、
想いであり、
共感であり、
コンテンツ。

・・・・・です。

では、どうするのか?

ちょっと面白いエピソードをご紹介します。


………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> 何でもできるシリーズ
………………………………………………………………………………

知人からの相談で、ある中古車販売の企業の「セールスプロモーシ
ョン」を考えて欲しいとの依頼がありました。

僕は、どこまで行っても「宿泊施設様専門」ですが、僕のお世話に
なっている宿泊施設様とのタイアップやアライアンスが可能な業界
であり、これもご縁だと想い、まずはお話しを聞いてみることに。

結論は、以下の4本柱での提案をすることにしました。

 1、コミュニケーション
 2、ツール
 3、場内販促
 4、メディア

この中で「3、場内販促」がありますが、

  ベースとなる考え方は
  「地域との共生」。

どんなオーナーでも、自分の施設内で、スタッフやお客様の「笑顔
や笑い声が溢れる」ことを夢見ています。

これは、装置産業なら、いや、そうでなくても、自分の事業で多く
の人の笑顔を創ることができるなら、それが本望でしょう。

 幸せの正体とは「人の役に立つこと」なのですから。

先方の社長様も、中古車を「ファミリーパートナー」と位置づけ、
家族の笑顔に貢献したい、地域の人たちから歓迎される会社になり
たいと、心の深いところでお考えのようでした。

先に書いた4本柱は、四輪駆動のように連動して、その夢が実現す
るように設計しましたが、ここでは長くなるので、「場内販促」の
話題に戻ります。

提案は以下のようなもの(抜粋)です。

ご自身の施設や事業で「使える発想がないか?」と考えながらお読
みくださいませ。

少なくとも、以下のようなアイディアを日々繰り返している中古車
屋さんを僕は知りませんから、今後、楽しんで進めたいと想います。


 ●あの広い場内スペースがあれば、何でもできるシリーズ

 ・たい焼き屋さん誘致
 ・毎週金曜日は「金魚すくいの日」
 ・芝生と遊具は合うよね~。お父さんも安心です。
 ・家族との写真コンテストでもやりますか?
 ・似顔絵コンテストでもいいね~。

 ●あの室内スペースがあれば、何でもできるシリーズ

 ・地域のイラスト展
  その地方で活躍するイラストレーター。彼ら彼女たちに、
  「 自由に展示できる月替わりのスペース」として提供。

  イラストレーターにとっては発表の場。
  中古車屋さんにとっては演出の場。
  ご来場のお客様にとっては想い出の場。  

 ・発展系として、ご成約いただいた方の中から抽選で、
  車と一緒の写真を、イラストにしてあげましょう!
  (一定期間場内展示後、プレゼント!)

 ・さらに発展系として、
  地元に目を向けてみると、例えば・・・・、

  ☆絵画を飾りたい絵描き
  ☆人前で踊りたいダンスチーム
  ☆場数を踏みたいミュージシャン
  ☆創作意欲旺盛な書家
  ☆技術を試したいネイリスト

  などが多くいるのでは???
  そんな人たちを、あの室内スペースで・・・・どうでしょう?

  その方々は、安価で、むしろ無償で、素敵な空間に自分の作品
  が展示されることを望むかもしれませんよね。
  
 ・近所のママさんたちの「溜まり場」として開放する。
  あるいは、託児所として活用する。

 ・カルチャースクールをしてもいいよね。
  開放的で空間があるから、いい集いの場です。

 ・近くの高校の吹奏楽部の演奏会。

 ・近くの小学校の生徒さんたちが描いた絵画展示。

 ●壁にどんなものを掲示すればいいかアイディアフラッシュも。

 ・お客様と車の購買決定時写真
 ・思い出写真コンテスト
 ・お手紙いただきました
  (中古車屋さんに手紙を書く人なんて「今は」いないけどね。
   ブログへのレスでもいいから頑張りたいかなと)
 ・ひと目で忘れないオブジェ
  (イベントのとき、窒素ガスを入れた車風船を数十匹浮遊させ
   るだけでも楽しい)

以上、抜粋でしたが、面白いアイディア、ありきたりなアイディア
が混在しているかと想います。

でも、自分の家族の「イラスト」が展示されているとなれば、車を
購入した後でも来ますし、当然、人に言いたくなりますよね!
こんなイベントやキャンペーンであれば、人は来ます。

 ※すべてに言えることですが「クチコミの最大化」がミソです。
 ※これらを徹底さえすれば、マスコミだって放っておきません。

ただ、実際はアイディア以上に、現場力がモノを言う世界ですよね。

この世には、つまらないものや、使えないアイディアなどありませ
んが、つまらない人はいるかもしれません。

実施者の「ノリ」が大切です。

その「ノリや、ヤル気や、発想力」をつけていただくのも、
僕の販促チームの志事です。

さて、

宿泊施設様の話題に戻りますが、上記のようなアイディアを、実行
に移している宿泊施設様の少なさに驚きます。

場内販促・館内販促は、ホテル様、旅館様では日常の話題であるに
も関わらず、そうした「遊び心」を発揮している施設様は意外な程
少ないと感じています。

それは、

◆現場に来ない経営者や、
◆日々の業務に埋没するスタッフに、

原因があるケースが多いからだと思うわけです。

できていない施設様が多いということは・・・。

同業者間での「同質化競走」から抜け出すチャンスですね(^^)。


鍛錬塾の販売促進における不変のテーマは、

「お客様との会話の質を上げ、その量を劇的に増やす!」
「お客様との会話の質を上げ、その量を劇的に増やす!」
「お客様との会話の質を上げ、その量を劇的に増やす!」

・・・・です(^_^;)。

それがあってのWEB、チラシ、パンフ、雑誌、テレビ。

今日来てくださっているお客様に喜んでいただくことを最優先し、
販促を組み立てることをオススメします。


###name1###様にとっての
「事業伸展のヒント」になれば嬉しいです。

釈迦に説法、失礼いたしました。
今日もありがとうございます。


――――――――――――――――――――――――――――――

■編集後記■


ところで、鍛錬塾で一緒にメルマガを書いていただいている佐藤律
子さんが、先週2月6日(土)、仙台大雪の日に企画した「大人の
バレンタインデー」は、レストランでのイベントでしたが、120
名様を超える集客でした。

佐藤律子さんのドレスアップした最新画像はこちら!

 2010年2月6日のパーティーの様子です。
 http://blog.livedoor.jp/rin4453/archives/51478265.html


その演出、装飾以上に、コンセプトが良かった!
これも、「お客様が集まる仕組」の強さです。

当然のように僕も参加しました~。

司会は昨年11月「鍛錬塾のインタビューCD」にもご登場いただ
いたTBC東北放送の三橋泰介氏。

♪ロシア人ピアニスト エレナさんの愛のピアノライブ
♪セクシーミニスカゴスペルチーム 
 ラブネバーフェイルズの迫力のステージ
♪国生さゆりのバレンタインキッスの曲に乗って、
 チョコレートアタックタイム
♪バレンタインクイーン&バレンタインキング
(隠れキングもいました(笑))

ということで、律子さんの仕掛けに楽しませていただきました。

だた、こう見えて僕はシャイなので、話しかけられるまで誰にも話
しかけないという体たらく(^_^;)。

ゲリラ的に参戦した鍛錬塾メルマガ執筆者にして十数冊のマーケテ
ィング本著者の「中山マコト」先生と、オヤジ二人で会場をウロウ
ロしてました。

ちょっとアンニュイ(^_^;)


  本メルマガの良かった点などの感想をいただけますと、
  とても励みになります。km@kanpai-kanpai.com


この無料メルマガを読んで、「ええ話しやな~」と思ったら、
宿泊業界に限らず、転送、コピー、パクリOKですからね(笑)。

――――――――――――――――――――――――――――――

 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com

   毎月10,500円で飲みに行きますか?
   それとも、会社を発展させますか?

 ★毎月5日前後にCDが郵送で届きます。
 ★毎週、年齢・性別・経験・住まい・専門分野の
  違う執筆者5名によるメルマガが届きます。
 ★そして、日々のお困りごとなどのメール相談ができます。

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

 「やり方より、あり方で、競走の無い世界へ」
 http://www.kanpai-kanpai.com

――――――――――――――――――――――――――――――

※旅館ホテル販促鍛錬塾の塾生の皆様は、成功事例や実践報告など、
さらに突っ込んだ内容のメルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチ
ャージDX」が購読できます。

「心あたたかきは、万能なり」
 そんな方のお手伝いがしたいです。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長 販促鍛錬塾塾長 松尾公輝
【仙台駅前事務所】
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15
TEL 022-343-5011 FAX 022-395-5421
モバイル 090-9535-9907
E-mail:km@kanpai-kanpai.com
http://www.kanpai-kanpai.com
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■「旅館ホテル販促鍛錬塾」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html

■月々の1万円の価値を最大化するため
「まずは泊まらせていただいて、
 じっくり話しをしましょうパック」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04

■個別訪問アドバイス業務
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html

■確実な販促パッケージ
http://www.kanpai-kanpai.com/service03.html


【松尾】↑この「販促パッケージ」我ながら凄いと想います。


Copyright © 宿泊経営30秒ノウハウチャージ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。