FC2ブログ
宿泊経営30秒ノウハウチャージ
ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/22(月)   CATEGORY: 事例紹介
「人を笑顔にする力」
本文より

  そして2004年に約1億円の売上だった同社は、
  店舗も増やさず、場所も変えず、昨年、2009年は、
  約3億5000万円と5年で3倍以上に増えています。

  今日は「人を笑顔にする力」というエピソードです。


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第32号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将
さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。

集客のこと、営業のこと、館内演出のこと、温泉のこと、 後継者
のこと、社員教育のこと、パンフレットなどツールのこと、 メデ
ィア選定のこと、宿泊料金のこと、業界全般のこと等。
30秒でチャージできるメイン記事が目玉です。

【目次】

1、<30秒記事> 「人を笑顔にする力」

2、<追記コメント> 人として、親として、そして商売人として

3、【 編集後記 】「アイ・アム・ア・ファーザー」


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 「人を笑顔にする力」
………………………………………………………………………………

僕は常々「事業には人を幸せにする力がある」と想い志事をしてい
ます。
宿泊施設にも、当然ながら「人を幸せにするチカラ」があります。

今日は、そのことを実感する事例をご紹介しましょう。


連日多くのお客様が訪れ、劇的に売上を伸ばしている「洋菓子屋」
さんがあります。

場所は長野県伊那市。
洋菓子屋さんの名前は「菓匠Shimizu」さん。

いつも言うように「結果として」売上が伸びています。
そのきっかけとなったイベントが「夢ケーキの日」。

僕も洋菓子屋さんやパン屋さんには志事のご縁があって、この業界
にはお世話になっていますが、今日ご紹介するイベントほどブラン
ディング創造のエッセンスがあるものは珍しいです。

ひと言で言えば、

「全国の小学生以下の子供に、
 自分の夢を絵に描いて送ってもらい、
 送られてきた絵を基にケーキを作って、
 子供たちに無料でプレゼントする」

となります。

はじめの年は2006年。
最初の年に配ったケーキの数は9個。

それが翌年には50個、
翌々年には500個と増え続け、
昨年2009年10月には、
なんと850個のオリジナルケーキを作って配ったそうです。

ケーキを受け取る親子が全国からやって来るという反響。
店の前に1000人以上の行列ができたという伝説。

素晴らしい!です。

しかも、小さなショートケーキではなく、立派なデコレーション
ケーキなのです。
子供の絵を元に、1個1個創るのです。それも無料で。

 800個配ったら、
 1日で300万円以上の売り上げが消えていくわけです。

3代目の店主、清水慎一さんは、何故、こんなイベントを始めたの
でしょう?


  そして2004年に約1億円の売上だった同社は、
  店舗も増やさず、場所も変えず、昨年、2009年は、
  約3億5000万円と5年で3倍以上に増えています。



………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> 人として、親として、そして商売人として
………………………………………………………………………………

それは、清水さんが、テレビであるニュースを見たのがきっかけで
した。

「隣町で男子高校生が父親をナタで殺すという事件」

清水さんはそのニュースにショックを受け、

「世の中で二度とそんなことが起きないように、
 家族で夢を共有してほしい」

という思いで夢ケーキの日を始めたのです。


 「お菓子には人を笑顔にする力がある。」


人として、親として、そして商売人として、
「何かできることがあるんじゃないか」という想い。

まさに、僕が仕事を「志事」と書くが如き想いと同じです。

「僕は菓子屋なんで、お菓子を通じて何か世の中のために
 できることがあるんじゃないか」と考えるようになったんだと。

そして、隣町で子供が父親を殺すという事件が起きたとき、

「その親子は絶対にうちのケーキを食べたことがあるはずだ」
と思ったそうです。
絶対にうちに来たことがあるはずだと。

「うちのケーキを食べながら語らって
 もらえば、そんな事件は起きなかったはずなんです」

「その日の夜、お菓子を囲んで親子が語らう時間を
 提供できなかったことは、うちの大きな責任なのではないか。」

・・・すごいですよね。

「お菓子には、人と人をつなぐ力がある。
 人を笑顔にする力がある。
 菓子屋は、世の中で一番、
 幸せや夢を与えられる仕事なんじゃないか!
 だったら、家族で夢を語る時間を、うちがご提供したい。
 それで夢ケーキを始めたんです。」

本当に素晴らしい!

さらに清水さんの言葉を続けます。


「僕の一番の思いは、ケーキを無料でプレゼントすることではなく、
 家族で夢を語る時間をつくっていただきたいということなんです。
 だから、お子さんに絵を描いて送ってもらう時に、
 お父さんやお母さんの夢も一緒に書いてもらっています。

 ケーキの上に絵を描くだけでなく、サッカー選手になりたいと
 いう子供がいればサッカーボールの形にしたり、
 お姫様になりたいという子供がいれば、
 ドレスの形にしてあげることもあります。
 技術がないとできません。
 
 大事なのは、何のための技術かということです。
 お菓子コンクールにしても、金メダルを取るために挑戦して
 いるんじゃありません。

 ふだんからスタッフみんなで話し合って、
 共有している思いがあります。
 それは、僕たちはなぜ菓子屋をやっているのか、
 なんのために技術を身につけるのかということです。

 パティシエは技術がないと人に喜びを与えることができません。
 お客さんの要望に、
 120%、150%応えるために技術を磨くんだということです。
 お客様を喜ばせ、1人でも多くの人に夢を与えたい。
 そのための技術なんです。」


おこがましくも言えば、僕もそう想います。
才能、容姿も含め、僕らのすべては、人の役に立つために存在して
います。

幸せな自分しか、他人を幸せにできません。
だから、自分が幸せであることが大事。

しかしながら、
自分が幸せを感じるためには、人の役に立って喜ばれるしかない。

人を幸せにすることの中にこそ、
自分の幸せがあるのです。

これこそ、僕の心にいつも流れているメロディー。


さらに清水さんの言葉を。


「よくスタッフに言っているのは、
 技術を高めるのはもちろん重要だけど、
 ここは日々人間的に成長していく場所なんだよ。
 いうことです。

 そういう意味じゃ、夢ケーキのイベントを通じて、
 スタッフはいろいろなことを学ばせてもらっています。
 《人様のために働きなさい》って口で言うのは簡単ですけど、
 頭だけでは理解したことにはならない。
 このイベントをやると、
 お菓子を作るって、人を喜ばせるってこういうことなんだって、

 身体で分かってきます。

 このイベントを通じて、毎年メールや手紙をいただきますし、
 ケーキを渡す時に子供たちが飛び跳ねて喜んでくれたりとか。
 また、涙ぐんでいるお母さんを見たりすると、こちらも嬉しいで
 すよね。

 あるお母さんは、「結婚して十何年して、初めて夫の夢を聞きま
 した」と言ってました。
 また、「家族で夢を語る機会を、まさかケーキ屋さんから
 もらえるとは思わなかった」と言う人もいました。
 お父さんが亡くなった子供が、
 お父さんへの思いを絵に描いてきたこともあります。

 それぞれの家族にそれぞれのストーリーがあって、
 心を動かされることがいっぱいあります。



冒頭の言葉に戻りますが、
「事業には人を幸せにする力がある」と再認識できますね。

そして、スタッフの成長についても、以下のようなエピソードがあ
ります。


「一昨年のことでしたが、ケーキの数が増えてきて、夢ケーキを続
 けるのはもう無理なんじゃないかなと思ったことがあります。
 社長(注:清水慎一さんの父親)からも、
 『こんなことやって社員に負担をかけて、しかも無料で配って何
 になるんだ』って叱られたんです。

 夢ケーキの時期はちょうど全国的なお菓子コンクールと重なるの
 で、10日から2週間ぐらい徹夜に近い状態が続くんですね。
 その時、僕は「本当にこの子たちに負担をかけてるだけなのかな
 あ」と思って、みんなの前で「数が数だし、全部受けるのはお断
 りして、数で区切ろうか」って、ぽろっと言ってしまったんです。

 そうしたら、うちのスタッフが「なに言ってんですかっ」って
 顔色を変えて言うんです。

 スタッフのある女の子が、「私たちが負担に思ってるなんて、
 そんな風に思われてたことがショックです」って言うんですね。
 「そんな気持ちでやってんじゃないんです」って言われて、

 僕は本当に涙が止まりませんでした。」



経営者冥利に尽きるじゃないですか!

こんな想いやエピソードが揃っていて、
繁盛しないはずがありません。

心温かきに添った努力は
「いつ行っても新しいケーキがある店」につながります。

だから僕も確信するのです。

「やり方より、あり方である」と。

想いが、技術を進化させるのです。

定番商品は全体の1/4で、あとは季節商品。缶詰モノ、冷凍モノ
を使わない旬のお菓子は、多い時期で70種類!
(これは全国的にもかなり多いです)

だから「菓匠Shimizu」さんは、その商品力も素晴らしい。

「いくら理念や理想を唱えたって、
 売っているケーキがおいしくなかったら絵空事です。」

まさしくそうですよねぇ!

商品力向上は、スタッフの高いモチベーションに支えられています。

そして2004年に約1億円の売上だった同社は、
店舗も増やさず、場所も変えず、昨年、2009年は、
約3億5000万円と5年で3倍以上に増えています。

今日はもう僕が書くスペースが無いのですが(^_^;)、
またまた清水さんの言葉で締めますね。



「利益を追求してたら、今はないでしょうね。

 やはり、スタッフがやりがいを持って、
 毎日楽しんで働くことが一番大切です。

 その結果、お客さんに喜んでもらえて、
 お店にやって来てくれるお客さんが
 増えてきたんだと思います。

 夢ケーキを始めた時は、
 みんなから「そんなことしてアホか」と言われました。

 夢ケーキで作っているのは、
 値段を付けたら4000円~5000円で売れるようなケーキ。

 800個配ったら、
 1日で300万円以上の売り上げが消えていくわけです。

 でも、うちで夢ケーキを作った家族、お子さんたちは、
 その後も、クリスマスケーキとか家族の誕生日ケーキとかを
 うちに注文してくれるようになります。

 始めた時は全然考えたことがなかったけど、
 結果的にリピーターになってくれています。

 そういう意味で、いい循環ができたんだなと思います。
 
 『家族に絆をつないでほしい、子供に夢を与えたい』
 という気持ちでやっていますが、

 やはり僕たちにも利益がないと動けませんからね。

 だから、ほかのケーキ屋さんにもどんどんやってもらいたいと思
 います。幸いなことに、賛同してくれる仲間のケーキ屋が今、増
 えつつあります。
 いつか「夢ケーキの日」が全国的なイベントになればいいなと思
 っています」



宿泊施設の社会的や役割と使命は何でしょうか?
スタッフが誇りをもってワクワクと楽しく働くには?

そんなことを、今日も考えています。


<記事参考>
JBpress(日本ビジネスプレス)
http://jbpress.ismedia.jp/


――――――――――――――――――――――――――――――

■編集後記■

浜田省吾さんの「アイ・アム・ア・ファーザー」という歌の一節。

 疲れ辿り着いた家
 窓の明かりまるでダイヤモンド
 I am a father

 妻と今日一日を(子供達が)
 無事に過ごせたことを祈ってる
 I am a father

 明日は今日よりも
 良い日になることを信じてる
 I am a father

今日のメルマガを記して思い出した、僕の想い出の曲です。

「抱き寄せ 命の儚さに 熱くなる胸の奥」

そうなのです。

子供達は、僕を父として、

 誰とも比較しない、
 誰に替えることもない、
 唯一無二の存在として接してくれているのです。

 「自分は何者なのか?」
 「本当になりたい自分?」

まさに、答えは出ていました。

僕は、彼らにとって、
父として(カッコ悪くとも)立派でありたいだけです。

  「アイ・アム・ア・ファーザー」

なのです。

僕は心から想うのです。

「窓の明かりまるでダイヤモンド」だと!


(僕には小5の長男と小2次男がおります(^^))



さて、別件。


今月の鍛錬塾特典インタビューCDですが・・・・、

今回はナント!僕です(^^)。

(※先週もご案内しましたけどね)

インタビュアーはデートFMのアナウンサー。
名護ひと美ちゃんにお願いしました。
オルト&ケーさんのゴージャスな個室で、極秘デート収録(*^^)v!

題して、

『販売促進を変えるプラットホーム思考』

事業スタートから半年、様々な気づきと閃き、
検証と実践を経て、今、松尾公輝がお伝えしたいこと。

●最近注目の販売促進とは?意外にも。。。
●株式会社 乾杯・KANPAI創業の原点。
●鍛錬塾アドバイスの特徴は?「真の話題づくり」とは?
●「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」を改めて語る。
●支援先様の販売促進のテーマは、どのようにして得るのか?
●松尾独自のプラットフォーム思考とは?

鍛錬塾生の皆様は、楽しみにしていただけると、嬉しいです。

鍛錬塾は1ヶ月無料ですから、
仮入塾してCDをゲットするのも手ですよ(^^)。

 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com



  本メルマガの良かった点などの感想をいただけますと、
  とても励みになります。km@kanpai-kanpai.com


――――――――――――――――――――――――――――――

 「やり方は競走の世界、あり方は共奏の世界」
 http://www.kanpai-kanpai.com

   毎月10,500円で飲みに行きますか?
   それとも、会社を発展させますか?

 ★毎月5日前後にCDが郵送で届きます。
 ★毎週、年齢・性別・経験・住まい・専門分野の
  違う執筆者5名によるメルマガが届きます。
 ★そして、日々のお困りごとなどのメール相談ができます。

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

 「やり方より、あり方で、競走の無い世界へ」
 http://www.kanpai-kanpai.com

――――――――――――――――――――――――――――――

※旅館ホテル販促鍛錬塾の塾生の皆様は、成功事例や実践報告など、
さらに突っ込んだ内容のメルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチ
ャージDX」が購読できます。

「心あたたかきは、万能なり」
 そんな方のお手伝いがしたいです。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長 販促鍛錬塾塾長 松尾公輝
【仙台駅前事務所】
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15
TEL 022-343-5011 FAX 022-395-5421
モバイル 090-9535-9907
E-mail:km@kanpai-kanpai.com
http://www.kanpai-kanpai.com
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■「旅館ホテル販促鍛錬塾」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html

■月々の1万円の価値を最大化するため
「まずは泊まらせていただいて、
 じっくり話しをしましょうパック」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04

■個別訪問アドバイス業務
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html

■確実な販促パッケージ
http://www.kanpai-kanpai.com/service03.html
スポンサーサイト
Copyright © 宿泊経営30秒ノウハウチャージ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。