FC2ブログ
宿泊経営30秒ノウハウチャージ
ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/08/04(水)   CATEGORY: 発想
才能と時流、島田紳助さんに学ぶ
 「プロならば誰もがしていることをしていても、
  それを、努力とは呼ばない」

 島田紳助さんの伝説の講義を観ました。今日はそんな話題です。


いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第38号
http://kanpaimail.blog68.fc2.com/
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※配信停止はこちらです。
http://1lejend.com/d.php?t=###tourokuid###&m=###mail###

ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将
さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。

集客のこと、営業のこと、館内演出のこと、温泉のこと、 後継者
のこと、社員教育のこと、パンフレットなどツールのこと、 メデ
ィア選定のこと、宿泊料金のこと、業界全般のこと等。

【目次】

1、<30秒記事> 才能と時流、島田紳助さんに学ぶ

2、<追記コメント> 「自分の戦力=X」「世の中の流れ=Y」

3、【 編集後記 】Think Globally, Act Locally.


………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 才能と時流、島田紳助さんに学ぶ
………………………………………………………………………………

「紳竜の研究」という2枚組DVDを観ました。

起業家やコンサルタントの間では、かなり話題になった(いまだな
っている)ものです。

2007年3月NSC(吉本総合芸能学院)でただ一度だけ開催された紳助さ
んの特別限定授業などが収録されていますが、

「笑いの教科書の作り方」
「売れるために一番大切なこと」
「M-1の戦い方」などの内容を通じて、

ビジネスにも完全に通じる素晴らしい紳助論が展開されています。

吉本総合芸能学院は、吉本興業が1982年(東京校は1995年)に創立
した、主に新人タレントを育成する目的で作られた養成所。

通称はNSC(New Star Creation)。

大阪校第1期生のダウンタウンを初めとして、今田耕司、山崎邦正、
雨上がり決死隊、ナインティナイン、中川家、陣内智則、次長課長、
キングコング、友近など。

東京校からは品川庄司、インパルス、ロバート、森三中、ハリセン
ボン、オリエンタルラジオ、はんにゃ、エド・はるみ、渡辺直美ら
を輩出しています。

参考出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> 「自分の戦力=X」「世の中の流れ=Y」
………………………………………………………………………………

 おなじみの方、ありがとうございます。
 はじめての方はじめまして(^^)!


普段は見られない紳助さんの真摯な講話。
僕が感銘を受けたのは以下です。

●才能が5でも、努力が1ならば、掛け算しても「5」。
 両方とも5なら、掛け算すれは「25」。

●プロならば、誰もがしている努力があるとして、
 それを自らがしていたとしても、それを努力とは言わない。
 
●プロ野球の選手が1日500本素振りをするのは当たり前。
 その1本1本に、どんな意識を持っているかが分かれ目。

●紳助竜介の漫才は20歳~35歳までがターゲット。
 一部に熱狂的ファンを作ることが大切。

●まずは、自分がどんなことがしたいのか?どういう漫才をする?
 そしてそれは時流に合っているかの判断を行う。

●負けることはしない、勝てるところでしか勝負しない。
 
●公式や根拠が大切。
 そのためには「自分の戦力=X」「世の中の流れ=Y」を掴む。
 
●XとYを、完全に把握していないと一発屋で終わる。
 世の中に自分を、必死で合わせていく!

●心で記憶したことは絶対に忘れない。
 高校時代に習った数式や歴史は、頭で覚えたから忘れる。
 しかし、ダチと交わした会話は事細かに覚えている。

●いいネタなど1年に2個か3個。
 その辺に転がっているネタを「感じる心」で料理する。

●成功した今、若い人に負けているのは「夢の大きさと数」。
 もし、10億円で買えるなら絶対に買いたい。


2時間の講義で、原稿らしい原稿も持たずに「伝える」紳助さんを
観ていて、かなり憧れてしまいました。

・他館と同じチラシ。
・他ホテルと同じCM。
・記憶に残らないホームページ。

努力の方向が、他と一緒なら、同じ土俵での勝負となり、価格競争
による共倒れが待っています。

「負ける場所には行かない」

ともすれば卑怯ともとれるこんな言葉も、
彼の哲学の前では真理です。

「自分の発想が正しいことを証明してみせる」

知る人ぞ知る彼は、
多くのビジネスを手掛ける起業家でもあります。


紳助さんは、あまりにも大物になりすぎて、その傲慢さを叩かれる
こともありますが、僕が提唱・研磨している

「商売とは相思相愛を探し出逢う旅」
「やり方より、あり方」
「クチコミは起こすものじゃなく、起きるもの」
「集客じゃなく、来客。集めるじゃなく、集まる」
「共感商売を!」

にも、通じる話しが多く、とても刺激を受けたDVDでした。

学生時代、落語研究会に所属していたこともあり、僕は「お笑い」
が大好きです。

芸能界の厳しさはひとしおですが、人を笑顔にし、人生を豊かにし
てくれる煌めきあるトップランナーたちを、心から尊敬しています。

スポンサーサイト
Copyright © 宿泊経営30秒ノウハウチャージ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。