FC2ブログ
宿泊経営30秒ノウハウチャージ
ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/01(日)   CATEGORY: 販売促進
1万人の1泊より、100人の100泊
「心あたたかきは、万能なり」そんな方のお手伝いがしたいです。

  好きになってくれる方を増やす。

  本当のPRとは、
  こういうことを言います。

いつも、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★――――――――――――――――――――――――――――★
売上アップ実践メルマガ(無料)「イキのいいネタ」プレゼント
  ◆宿泊経営30秒ノウハウチャージ◆(週1回以上配信)
       http://www.kanpai-kanpai.com
            第15号
☆――――――――――――――――――――――――――――☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル旅館オーナー、支配人、予約担当者、営業マン、そして女将
さんなど、宿泊産業に携わる方なら誰でも無料登録いただけます。

集客のこと、営業のこと、館内演出のこと、温泉のこと、 後継者
のこと、社員教育のこと、パンフレットなどツールのこと、 メデ
ィア選定のこと、宿泊料金のこと、業界全般のこと等。
30秒でチャージできるメイン記事が目玉です。

【目次】

1、<30秒記事> 1万人の1泊より、100人の100泊
2、<追記コメント> バリアフリーの旅を創る

――――――――――――――――――――――――――――――
 ■■■ 今日の大盤振る舞い ■■■

 ※記事本文に行く前に、面白い話を書きます。
――――――――――――――――――――――――――――――

今日は、きっと涙が止まらなくなりますので、ハンカチを用意して
お読みください。


  「一粒のぶどう」


ある不治の病の女の子の話です。

一歳の時から入退院を繰り返して、五歳になりました。

様々な治療の甲斐もなく、ついにターミナルケアに入りました。
もはや施す術もなく、安らかに死を迎えさせる終末看護、それが
ターミナルケアです。

冬になり、お医者さんがその子のお父さんに言いました。

 「もう、なんでも好きなものを食べさせてやってください」

お父さんはその子に、何が食べたいか、ききました。

 「お父さん、ぶどうが食べたいよ」と、

女の子が小さな声で言いました。


季節は冬、ぶどうはどこにも売っていません。
でも、この子の最後の小さな望みを叶えてやりたい。

死を目前に控えたささやかな望みを、
なんとか、なんとかして叶えてやりたい。

お父さんは東京中のお店を探しました。

思いつく限りのお店、あのお店も、このお店も、、、、、、
足を棒にして、探し回りました。

でも、どこのフルーツ売場にも置いていません。
最後に、あるデパートのフルーツ売場を訪ねました。

  「あの…、ぶどうは置いていませんか?」

祈る気持ちで尋ねました。

  「はい、ございます」

信じられない思いで、その人のあとについて行きました。


「こちらです」と案内されたその売場には、きれいに箱詰めされた、
立派な巨峰がありました。

しかし、お父さんは立ちすくんでしまいました。
なぜなら、その箱には三万円という値札が付いていたのです。

入退院の繰り返しで、そんなお金はもうありません。
悩みに悩んだ末、必死の思いでお父さんはその係の人に頼みました。

  「一粒でもいい、二粒でもいい、
   分けてもらうわけにはいきませんか?」

事情を聞いたその店員は、黙ってその巨峰を箱から取り出し、数粒
のぶどうをもぎ、小さな箱に入れ、きれいに包装して差し出しまし
た。

  「どうぞ、二千円でございます」


震える手でそのぶどうを受け取ったお父さんは、病院へ飛んで帰り
ました。

  「ほら、おまえの食べたかったぶどうだよ」

女の子は、痩せた手で一粒のぶどうを口に入れました。

  「お父さん、おいしいねえ。ほんとにおいしいよ」


 そして間もなく、静かに息を引き取りました。


     *     *     *     *


有名な話なのでご存知かもしれませんが、聖路加病院に入院されて
いた患者さんと「 高島屋 」の店員さんの実話です。


僕は、高島屋さんが好きになりました。

あなたの宿も、
好きになってくださる人をもっともっと増やしたいですよね?


  好きになってくれる方を増やす。

  本当のPRとは、
  こういうことを言います。


ところでこの話を知ったのは、全国のいい話を集めて、優しい社会
を創ろうという運動を続ける、僕も会員になっている↓です。

 プチ紳士を探せ!運動 http://www.giveandgive.com/
 いい話のお店。 http://giveandgive.shop-pro.jp/



………………………………………………………………………………
1、<30秒記事> 1万人の1泊より、100人の100泊
………………………………………………………………………………


「バリアフリーの旅を創る」という本があります。

2000年6月発刊の本ですから、少々古いのですが、良き本に出
逢えたことを嬉しく想います。

房総の素晴らしい宿のオーナー様から、お勧めの本としてご紹介い
ただきました。

まずもって、著者の高萩徳宗という方の「お人柄」に惹かれます。

成功とは、優れた人格を持つことだ・・・と考えるからです。


………………………………………………………………………………
2、<追記コメント> バリアフリーの旅を創る
………………………………………………………………………………

この本を読んで、

●パラリンピックツアーでの、不登校の子供を持つ
 母親の吐露に、アクアラインを走るバスの中で涙しました。

●全盲のお客様をスマートにもてなしたサンフランシスコの
 キュートな(だと確信する)ウエイトレスに会いたくなりました。

●天使の都と言われるバンコクに行って、
 タイという国の「優しさ」に触れてみたくなりました。

●「1度でいいから、温泉に入りたい」と言っていた
 88歳のお年寄りの逸話の清々しさに感動しました。

この本では、行政、民間、個人について、
バリアフリーというキーワードの元、

福祉施設、宿泊施設、旅行業者等々に対する、
様々な現実を分析し、いろいろな提言が書かれています。
(2000年6月発刊現在)

そして何より、
高萩さんの、情熱と志と可能性を強く感じる本でした。

「1万人の1泊より、100人の100泊」

彼の信念は、素晴らしい!

僕の事業も、100人中99人からNOと言われるかもしれない。
しかし、たった1人でも「君は素晴らしい!」と言って
くださるお客様のために、最善を尽くそうと想っています。

「ビジネスとは、相思相愛の相手を見つける旅」です。

僕はふと思いました。

努力しても報われないこともある。
しかし、成功した人で努力しなかった人はいない。

施設面(ハード)を改善するのは時間もコストもかかる。
しかし、おもてなしの心(ハート)無きところに何をしても意味は
ない。

心のバリアフリーをベースに、
自分が今できる精一杯をやることが大切ですね。

良い本でした。
ありがとうございます。


ベルテンポ・トラベル・アンド・コンサルタンツ様
http://www.beltempo.jp/
高萩徳宗様オフィシャルサイト
http://www.beltempo.jp/takahagi.HP/index.html


以下、アマゾンの紹介文から。


内容(「BOOK」データベースより)

数年後、「旅のバリアフリー」はかなり完成に近い状態になるので
はないかと期待している。旅行中、茶髪の女子高生がお年寄りに席
を譲ってくれたり、パンチパーマの怖いお兄さんに車イスの介助を
気持ちよく手伝ってもらって、それを感じる。旅をする人も受け入
れる人たちも、いまは試行錯誤のときなのだ。では、何が欠けてい
るのか。どこから手をつければ最初の一歩が踏み出せるのか―そん
な悩みを解決するヒントになれば、と、著者の実体験をもとに本書
は書かれた。

内容(「MARC」データベースより)

旅がしたいと思っても、情報やきっかけがなく諦めてしまう障害者
や高齢者たち。受け入れる体制にない旅行会社。今の日本に何が欠
けているのか。旅のバリアフリーのための提言を、実体験をもとに
綴る。

著者 高萩徳宗

旅は最高の心のリハビリです。
バリアフリー(障壁の除去)は、単に段差やトイレの問題だけでは
ありません。人と人の心のバリアが取り除ければ、障害があっても
なくても旅が楽しめる環境に一歩でも近づくのではないでしょうか。
障害がある方だけではなく、ご高齢の家族がいらっしゃる方や、ホ
テル・旅館などの施設経営者、旅行業に携わる方、福祉を学ぶ学生
さんにもぜひお読み頂きたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――


■編集後記■

「勉強家で、実践力があり、温かくて、素直」


これが、僕がおつきあいする僕のお客様「 像 」です。
どんな商売でも、理想のお客様を思い描くことは大切。

不思議なことに、

9月からスタートした旅館ホテル販促鍛錬塾には、そんなお客様が
多いようでその中で「僕に会いたい」と言ってくださった5軒様は、

100%の確率で、
「勉強家で、実践力があり、温かくて、素直」なのです。

経営も人生も販売促進も、
この世に不思議なことなど無いという境地に居ましたし、
僕のサイトは、そんな思想で構築されているものの、

実際に、それがホントに現実になると
「ちょっと不思議」を感じ、感謝の気持ちに包まれます。

この1ヶ月少々で、僕に会いたいと言ってくださった5軒様のうち、
実に3軒様が、鍛錬塾生の枠を超えて顧問契約にまで至っています。


 ありがたい想いと、責任感を感じる日々です。


――――――――――――――――――――――――――――――

「違いを生む違い」を編み出したいなら、鍛錬塾へ!
 http://www.kanpai-kanpai.com

   毎月10,500円で飲みに行きますか?
   それとも、会社を発展させますか?

 ★毎月5日前後にCDが郵送で届きます。
 ★毎週、年齢・性別・経験・住まい・専門分野の
  違う執筆者5名によるメルマガが届きます。
 ★そして、日々のお困りごとなどのメール相談ができます。

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

――――――――――――――――――――――――――――――

※旅館ホテル販促鍛錬塾の塾生の皆様は、成功事例や実践報告など、
さらに突っ込んだ内容のメルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチ
ャージDX」が購読できます。

◆メルマガ「超・宿泊経営30秒ノウハウチャージDX」◆
 http://www.kanpai-kanpai.com(毎週火曜・週一回配信)


お金をかけずに繁盛を目指す旅館ホテル宿泊施設の会
発想を変え、思い込みをやっつけよう!!!

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役社長 販促鍛錬塾塾長 松尾公輝
【仙台駅前事務所】
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目8-15
TEL 022-343-5011 FAX 022-395-5421
モバイル 090-9535-9907
E-mail:km@kanpai-kanpai.com
http://www.kanpai-kanpai.com
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■「旅館ホテル販促鍛錬塾」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html

■月々の1万円の価値を最大化するため
「まずは泊まらせていただいて、
 じっくり話しをしましょうパック」
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04

■売れる宿泊プラン作成支援
http://www.kanpai-kanpai.com/service03.html

■客室在庫や複数サイト運営一元管理
http://www.kanpai-kanpai.com/service04.html

■WEBデザイン制作
http://www.kanpai-kanpai.com/service05.html

■個別訪問アドバイス業務
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html

■他には無いサービス
http://www.kanpai-kanpai.com/service08.html

 こんなあなたなら、是非!旅館ホテル販促鍛錬塾へ

・幸せの本質は人から感謝されることであると感じるあなた。
・目に映る人たちすべての「笑顔を守りたい」と願うあなた。
・思ったことを実際に行動に移し続けることのできるあなた。

緊急に面談でのアドバイスが必要な場合は、以下をご検討ください。
http://www.kanpai-kanpai.com/service02.html#04
http://www.kanpai-kanpai.com/service07.html



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 宿泊経営30秒ノウハウチャージ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。